名古屋市西区の歯医者「栄生歯科」歯周病治療・インプラント・一般歯科

むし歯

歯周病

入れ歯(義歯)

インプラント治療

矯正歯科

小児歯科

予防歯科

審美歯科

ホワイトニング

歯科健康情報

歯科リンク

携帯サイトはこちらのQRコード

QRコード対応ケータイをお持ちの方は下記のコードを読み取るだけで名古屋市西区「栄生歯科携帯サイト」へアクセスが出来ます。

栄生歯科携帯サイト

西区栄生の歯医者ブログ

毎日ではありませんが書いています。ご覧ください! 名古屋市西区「栄生歯科」の院長ブログでは、お口の健康に役立つ知識や、歯とお口のトラブル解決に役立つさまざまな情報がいっぱいです。あなたの歯とお口の健康に役立てください。
西区栄生の歯医者ブログ

こちらは名古屋市西区「栄生の歯医者BlogRSS」へのリンクです。
rss


名古屋市西区の歯医者「栄生歯科」です。名鉄名古屋本線栄生駅徒歩1分、夜8時まで診療しています。
栄生歯科では国際的にコンセンサスの得られた、標準的歯科治療をベースに診療を行っています。
一度虫歯や歯周病になってしまうと、その歯は決して元の健康な状態に戻ることはありません。ですから、歯の病気にかからないように予防することが最重要課題となります。病気になってしまったら、早期発見、即時治療がその次に大切です。
本当に自分の歯を守りたい、残したい、良い治療を受けたいと願っている患者さんを少しでも多く救いたいと考え、日々診療に当たっています。栄生歯科 院長・スタッフ一同

歯科衛生士募集

栄生歯科では、歯科衛生士さんを募集しています。
想いをひとつにし、地域歯科医療に共に携わってくださる仲間となってくださる方、
ご自身のスキルアップをしたい方、頑張って仕事に取り組みたい方を全力で応援します。
ご応募をお待ちしております。 ブランクのある衛生士さん大歓迎です。
お気軽にお問い合わせください。
TEL :052-541-4011(採用担当)
E-mail :sakoushika@yahoo.co.jp
 詳しくはこちらのページへ>>

 


■腫れ・出血が治まっては繰り返す。それは歯周病かも知れません。
口腔ケア製品のコマーシャルなどでもなじみ深く、歯を失う最大の原因とされる歯周病。生活習慣病と言われるこの病気は、初期を含めると成人の80%以上がかかっています(厚生労働省平成17年歯科疾患実態調査)。歯周病は知らないうちに「活動期」と「静止期」を繰り返して進行していき、放っておくと歯周病になり歯が抜けてしまいます!
55〜64歳の時点で、すでに53.0%の人が歯を半分以上失っている(残っている歯は14〜16本)というのが現実なのです。これら中高年の人が歯を失う最大の原因は、歯周病です。
歯周病はいったんかかると、症状がおさまって治ったように見えても、静止期にあるだけで、確実に進行しています。適切な治療やセルフケアをしない限り、自然に治ることはありませんから、できるだけ早期に発見し、対処することが大切です。
栄生歯科 院長水野 清/歯学博士(歯周病)
■自己チェック・自己ケアには限界があります。
すこやかな歯と口腔のために歯科医院で定期検診を受けることをおすすめします。歯を悪くすると「自然に治る」ということはなく、永久歯が抜けて二度と生えてきません。むし歯や歯周病は、ちょっとしたセルフケアと快適な定期管理で予防し、進行を止めることがことができます。歯とお口のトラブル、悩みごとがございましたら、名鉄名古屋本線栄生駅徒歩1分、栄生歯科へご相談ください。症状をしっかりとお聞きし的確に理解したうえで、診療方針等も納得いただけるまでご説明いたします。安心して気軽に受診いただければ幸いです。

■土曜日も診療をおこなっています。
■栄生駅前徒歩1分、1FがサークルKです。2Fが栄生歯科です。

栄生歯科院長 初めまして、栄生歯科 院長の水野 清です。
小さなお子さまからお年寄りの方まで、幅広い患者さんに優しい歯科医院であり、歯医者さんに対する「痛い・怖い・長引く」というイメージをなくし、もっと気軽に立ち寄れる、そんな歯医者さんを目指して頑張りますので、何卒よろしくお願いいたします。
当院の診療メニューをご紹介します。

歯のトラブル!!「歯周病かもしれない」そう感じたらまずは受診を!

歯周病初期チェックをしてみましょう!

1.口臭があると感じたことがありますか?
2.歯を磨いた時に歯ぐきから出血する。
3.冷たい水を飲んで歯がしみたことがありますか?
4.朝起きた時に、口の中が粘ついた感じで不快。
上のような症状が一つでもあったら、特に痛みがなくても歯周病にかかっている可能性が高いかもしれません。30代で約80%、40代で約90%以上の人が歯肉炎か歯周病。早めに治療することがとても大切です。

歯周病を治したい! 歯周病は早期に発見し早期に治療をするのが一番のポイント。
歯肉炎程度の軽い歯周病なら早期に行う治療はとても簡単で、患者さんが驚くほど短期間に完治してしまいます。もちろん個人差はございます。定期検診を受け食生活やブラッシングがデタラメにならないかぎり、再発することはほとんどありません。
栄生歯科では、歯周病を歯茎だけの問題と考えず、お口の中で起きているひとつの病気と考え、確実な治療を行っています。お気軽にご相談ください。

歯周病歯周病治療>>

失った歯の悩み!!「インプラント治療で失った歯を取り戻す」

 歯周病と同じく深刻な歯の悩み欠損にはインプラント(人工歯根)を用いています。「インプラント治療」は歯を失った部位に手術にてインプラント(人工歯根)を植立し、人工的に歯を取り戻す治療方法でブリッジや入れ歯とは違い残存する残りの歯に対して優しい治療術式といえます。インプラントは審美的にも優れているので、美しく健康な的な口元を永続的に得られます。
当院では患者さまのからだに優しいインプラント治療を実現するために、AQBインプラントを使ったインプラント治療を行っています。
AQBインプラント治療の最大の特徴は治療期間の短さで、手術後、2〜3か月で噛めるようになります。従来、安定するまでに4〜6か月かかっていましたので、画期的な手術方法といえるでしょう。
■インプラントを支える骨の足りない方には、骨を作る治療を行っています。
■歯ぐきの形成手術など、インプラントを成功させるための処置も行っています。
インプラント治療のアフターケアも責任を持って行っています。どうぞお気軽にご相談ください。

インプラントインプラント治療>>>

矯正治療

成長期のお子様から、中学・高校生の方、成人の方や壮年の方までそれぞれの状態やニーズにあった、幅広い矯正治療メニューを用意しています。
成長期のお子様の予防矯正、全ての歯に装置を付けて、理想的な歯並び・かみ合わせを作り出す本格矯正、歯周病の治療の一環として行う歯周矯正、部分的な歯の移動を行う限局矯正などが受けられます。
本格矯正では、従来の歯の表側に装置を付ける矯正装置はもちろん、歯の裏側に装置を付ける〔見えない矯正〕舌側矯正装置もご用意しています。
全ての矯正治療は日本矯正歯科学会、認定医のドクターが行いますので、安心して治療が受けられます。

小児歯科

小さなお子さまへの治療も積極的に行っています。
フッ素塗布などの予防処置を行っています。
成長期における、歯並び・咬み合わせも矯正治療の経験豊富なドクターが適切な時期に適切な治療のアドバイスを行います。
歯科治療に恐怖心を持つお子さんでも、恐怖心を和らげ、歯科診療に慣れてもらうまで、根気強く治療にあたります。頑張ったお子様にはご褒美を用意するなど、治療に積極的になれるような動機付けを行っております。
>>>>栄生の歯医者・矯正治療ブログで「子供の治療」で詳しく書いています。
お気軽にお問い合わせください。栄生歯科 院長 水野 清 /スタッフ一同